研修制度

マネジメントゲーム
MG研修

マネジメントゲームMG(MG研修)
は、40年前にソニーが
開発した経営者育成研修です。
現在までに大手企業を中心に5,000社
100万人が受講しており
海外にも展開されています。
米国、韓国には早くから進出し
最近では中国や
東南アジアでも注目されてきています。

1976年、当時まだベンチャー
企業だったソニー
エンジニアにマネジメントの
ノウハウを短期間で面白く
体得させるためにはどうすればいいか?
考えぬき、社内研修用に創りあげた研修です。

現在では、ソフトバンクの
孫正義氏を初め
著名な経営者や上場直後の
若手IT社長などがMG研修を受講し
その体験談をブログなどにアップしています。
特に孫氏は熱烈なMG研修の
愛好者として知られています。
自身でも100期以上を受講し
かつソフトバンクの幹部層全員に
(Yahoo!経営層なども含む)
毎年のように受講させています。
リピーターが多い研修として知られています。

 

・孫正義社長とソフトバンク社員が

“ゲーム”に熱中する理由
(プレジデント・オンライン掲載記事)
http://president.jp/articles/-/20347





ストレングスファインダー
研修

ストレングスファインダー®は
「人は自分の弱みを改善するよりも
自分の強みに意識を向け
それを活かすことで最大の能力を発揮する」
という故ドン・クリフトンの
考え方に基づいて開発されました。
ストレングスファインダー®の開発
にあたってギャラップ社では
強みを見つけていくために
人がもつ様々な才能をあらゆる角度から抽出し
それらを最も共通性のある性質で分類(
クラスター化)していきました。
最終的にそれらは34の資質として特定され
各資質にはその資質の特徴を表す名前が付けられました。
ストレングスファインダー®を受けると
あなたの中でその34の資質がどういう強さ
の順番で現れるのかがわかります。




類人猿研修

互いを褒め、認め合うことがチーム力を
高める上で大切であることは
誰もが認識しています。

ただその際に
互いのタイプの違いを無視すれば
せっかくの思いや声かけが相手の心に届かず
かえってチーム内がごたついてしまうことがあります。

類人猿分類「GATHER」
Grate Apes Teach Human Eternal Relationships
類人猿が人間関係を教えてくれるでは
人間のタイプを
4タイプに分ける性格分類法で。

この類人猿分類が数年前
広島県福山市で食品スーパーを中心とした
事業を展開する会社で取り入れられた結果
16期連続2桁増収、9期連続増益など

大きく業績が伸び、またそのことが
「ガイアの夜明け」
などのテレビ番組など各種メディアで
取り上げられたことで
全国的に、多くの話題となりました。

その結果、類人猿分類を紹介する書籍
ゴリラの冷や汗』が
amazonで総合2位となったり
類人猿分類を学ぶ公開セミナー
毎回満席になるなど
大きな反響がありました。



© 2021 株式会社リング|RING CORPORATION